”自分の主治医は自分”

SelfMediCBlog

良かったら一番下、♡いいねを​よろしくお願いします。

缶飲料、何がヤバイ?

June 27, 2017

環境ホルモンとは、

「動物の体内で合成・分泌されて

成長や生殖を調整している

ホルモンに似た働きをする

環境中の化学物質。

 

生体内に取り込まれると

ホルモンの正常な作用を乱すことから、

内分泌攪乱化学物質とも呼ばれる。

微量で生殖機能や成長、

性決定などに悪影響を及ぼし、

将来世代の減少を

招く恐れもあるとされている。」

 

これは2011年1月13日の朝日新聞の夕刊に出た記事です。

 

 

昨年、環境省は環境ホルモンへの新たな対応方針「エクステンド2016」を策定。

 

ビスフェノールA

ノニルフェノール

エストロン

オクチルフェノール

ヒドロキシ安息香酸メチル

ペンチルフェノール

 

この6種類について

メダカなどを使った試験で

次世代に影響が及ぶかどうかを調べ

低い濃度でも異常が見られれば、

環境基準の設定などを検討すると言う。

 

 

うーん、やっとですか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブログ移転のため続きはコチラ

 

Facebookでシェア
いいね
Please reload

Featured Posts


WHOがトランス脂肪酸撲滅に乗り出しています。

「REPLACE」と名付けられた独自ガイドを作りました。

REview  

トランス脂肪酸の供給源とその状態をレビューする

Promote 

トランス脂肪酸から健康的な油脂への切り替え

Legislate 

トランス脂肪酸の排除のための法制化

Assess  

食糧供...

食べるプラスチック

September 19, 2018

1/3
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Facebook Social Icon

元気塾公式メルマガの

登録はコチラから★

​元気塾HPはコチラから💛

関連記事

Please reload