”自分の主治医は自分Ⓡ”
​ココロとカラダの元気を守る

SelfMediCoⓇ Blog

April 1, 2020

ついに居酒屋から灰皿が消えました。

改正健康増進法が4月1日施行。

これは、

受動喫煙を防止するための法律です。

昨年7月より、学校、病院、児童福祉施設など

一部の施設で

原則、敷地内禁煙が進められていました。

それが4月1日より全面施行されました。

学生のころ通った京都のシアンクレール

今はもうありませんが、

荒神口にあった老舗のジャズ喫茶です。

丸太町にあったYAMATOYAさん、

これも老舗ですね〜

なんと、まだ今もあるそうです。
 

いつ行っても、

煙でモウモウでした。

タバコと珈琲と、ジャズ。

それは私の学生時代、

無くてはならないアイテムでした。

もちろん、...

March 15, 2020

1日1万歩のウソ?

世界から「奇跡の研究」

として注目を集めているのが

日本の群馬県中之条町。

現在、

ここでの研究は

20年めを迎えます。

そしてわかったことが

1日8000歩、中強度の運動がベスト、

やりすぎは健康には不適、

という驚きの結果でした。

中には1万歩以上歩いていて

骨粗鬆症になった女性がいます。

またトライアスロンをしていた男性が

動脈硬化症になったというケースもあります。

群馬県中之条町では、

65歳以上の全住民5000人を対象に、
 

運動、身体活動、食生活、

睡眠時間、病気の有無、など

詳細なアンケート調査を毎年行い、

また2000人には詳細な血液...

February 19, 2020

アンガスビーフ値下げ!

大還元セール!

アメリカ産牛肉ステーキ用、

など、スーパーに並ぶアメリカ牛肉が

今年の年明けから、

大幅値下げされています。

当然、輸入量も増え

昨年と比べ1.5倍くらいになる
という予測です。

何が起きたのか、というと

関税が引き下げられました。

38.5%だったのが26.6%へ。

今後も更に引き下げられるそうです。

つまりはトランプさんに

押し切られたということでしょうか。

それはともかく、

アメリカ、というと

ステーキしか食べてないような

イメージがありましたが、

この40年間、

実はアメリカ人が肉を消費する量は

半減しているそうです。

しかも...

February 14, 2020

眼球を取り出して洗いたい、

これ、

花粉症の友人の言葉です。

今や5人に1人という花粉症。

まさに国民病と言われて久しいですね。


 

あなたは大丈夫ですか?

今年は暖冬だったからか

スギ花粉の時期が早まるようです。

春になるのが憂鬱、

という声も聞こえてきそうです。



 

この花粉症、

たかが花粉症と言っても

本人はとっても辛いわけで
 

特に仕事のパフォーマンスは

腰痛などと並んで

かなり低下します。


 

花粉症の重症者は

ある製薬メーカーによると

全体の半数いると言います。

実際に、花粉症の92%の人が

仕事に影響を与えると感じていて、

仕事効率は最大60%下がる、とも...

February 12, 2020

しつけと称する体罰は禁止!

いよいよ

今年の4月から

体罰禁止の法律が施行。

改正虐待防止法です。


 

昨年から

具体的な指針案が発表されていて

その中には、

「3回、口で注意したが言うことを

聞かなかったので頬を叩く」

「他人のものを盗んだので

罰としてお尻を叩く」

「宿題をしなかったので夕食を与えない」

など【体罰】にあたる具体例が

上げられています。

しかし、これに対して、

世の親から

批判が殺到しています。

悪いことを教えるのに

ある程度の痛みは必要だ、

という考え方です。

日本では

長い間、

「わがままで甘ったれたガキは

鉄拳制裁で厚生させる」

という教育論

広く支持され...

February 11, 2020

今年の節分、恵方巻は食べましたか?

食品ロス削減法が施行されて4ヶ月です。

食品ロス、まだ食べられるのに

捨てている食品は

2016年、国内推計643万トンで、

家庭が291万トン、

コンビニ含む小売業では66万トンです。


 

また、

年間ごみ処理に使われる2兆円のうち

40%は食べ物ゴミと推測、
 

8000億円という

税金を使って処理しているわけです。

さて、

今年も去年に引き続き

農水省から小売業界に対して

需要に見合った恵方巻を売るように

とい指示が出されたそうです。

コンビニ大手3社やその他26企業が賛同。

首都圏101店舗を

学生フードロス削減プロジェクトを...

February 6, 2020

世界中の死者の5人に一人が

この病名で亡くなっていました。

今年、米ワシントン大学の

195カ国に及ぶ

過去最大規模の調査で明らかになりました。

(英医学誌ランセットに掲載)

その病名とは

「敗血症」です。

敗血症という病名、

あまり馴染みがないと思いますが

いかがでしょうか?

敗血症とは

感染症に対して

人体が過剰反応することから起きる

全身性炎症反応症候群、というものです。

感染症だけなら、

敗血症になることは稀だと言います。

しかしこれに

自己免疫が関わり
過剰反応することから

自分の体を全面的に攻撃してしまう、

つまり自己免疫の暴走という状態です。

今回の調査で

それ...

January 28, 2020

ポストハーベストという言葉があります。 輸入食品について 運搬途中のカビや腐敗を防ぐため 収穫後に散布する農薬のことです。 日本では基本的に ポストハーベストを認めていません。 それを何故か 食品添加物という扱いで 認めているのです。

January 26, 2020

さて先日、

”認知症の数十万人

「原因は処方薬」という驚愕”

という記事がでました。

(東洋経済オンライン1月22日)

薬剤起因性老年症候群と

言われるそうです。

クスリの乱用に少しでも

歯止めがかかるようになって欲しいと

切に願います。

元気塾では

13の視点の中の

最後「介護」のところで

認知症について

いろいろ

討論します。

この前も、

もしも自分が

認知症になったとしたら、

というテーマで話し合いました。

認知症になった本人は

何もわからないから

いいけれど、

周りの人が大変・・・・

という人がいて、

そこから、

議論が発展しました。

認知症の本人も

感情は残っているから

辛いとい...

January 14, 2020

「自分がわからない」

という病気が急増しています。

いやこれは、

ティーンエイジャーの自分探し

などという甘ったるいものではなくて、

正真正銘、自分がわからない、

自己を認識できない病気、

そうです、

自己免疫疾患のことです。

免疫に関して研究は始まったばかり、

と書いた本がこれ。

■タイトル

『免疫の反逆』ダイヤモンド社

ドナ・ジャクソン・ナカザワ著

2012年3月初版

■概要

免疫疾患のひとつである

ギラン・バレー症候群の

罹患者自身が書いたもの。

自分の体を守るはずの免疫が

なぜ自分を傷つけるのか

自己免疫疾患について

その発症の要因を探求する迫真の

科学ノンフィクション

...

Please reload

Featured Posts
  • Facebook Social Icon

メタボから10年

November 22, 2017

1/2
Please reload

Archive