”自分の主治医は自分”

SelfMediCBlog

良かったら一番下、♡いいねを​よろしくお願いします。

クスリをもらう?

 

「お薬もらいに行く」

とよく祖父母が言ってた。

「検査してもらう」とも。

 

お薬って只なんですか?

お金払ってますよね?

それなのになぜ

「もらう」と言うのでしょうか。

 

今、母はグループホームにいます。

先日会いに行った時、ちょうどお医者さんがきていて

先月の血液検査です、と検査表を渡された。

 

こんな目的で検査します、とか

聞いてないし・・・・・・。

 

考えてみたら、医者ってすごいですよね。

売り物の「クスリ」

いや「処方箋」や「検査」を、

買う側の客に、なんのプレゼンもセールスすらなく

買わせるんですものね(笑)

 

医者もサービス業なのに

何故、脚の不自由な患者さんが帰るときに

せめて診察室の外まで

手を貸すということをしないのか、

何故、土砂降りで困っている患者さんに

タクシーを呼びましょうかの一言がないのか、

 

考えてみたら、本当に不思議ですね。

 

 2014年、皮膚がんの免疫療法薬として

開発された

オプジーポという点滴静注、

これは1カ月約300万円かかるそうです。

つまり年間3600万円!!

2015年12月17日、厚生労働省はこれを肺がんに対しても承認。

今年の2月から、対象者が増えたため

薬価を50%オフに。

それでも年間、1800万円。

 

もちろん、高額医療費制度というのがあるので

個人負担は月に数万円(年収による)で抑えられるわけですが、

残りは国が税金から支払うことに・・・

(昨日、シェアした記事参照)

 

それはともかく、

こんな高いお薬を売る時も

やっぱり同じように、

頭を下げるのは患者の方なのですね?

 

どう感じますか? 聞きたい聞きたい ここをクリック

 

Facebookでシェア
いいね
Please reload

Featured Posts

メタボから10年

November 22, 2017

1/2
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me