”自分の主治医は自分”

SelfMediCBlog

良かったら一番下、♡いいねを​よろしくお願いします。

消えてゆく、現代の「悪場所」

April 1, 2020

ついに居酒屋から灰皿が消えました。

 

改正健康増進法が4月1日施行。

これは、

受動喫煙を防止するための法律です。

 

昨年7月より、学校、病院、児童福祉施設など

一部の施設で

原則、敷地内禁煙が進められていました。

 

それが4月1日より全面施行されました。

 

 

 

学生のころ通った京都のシアンクレール

今はもうありませんが、

荒神口にあった老舗のジャズ喫茶です。

丸太町にあったYAMATOYAさん、

これも老舗ですね〜

なんと、まだ今もあるそうです。
 

 

 

いつ行っても、

煙でモウモウでした。

 

タバコと珈琲と、ジャズ。

 

それは私の学生時代、

無くてはならないアイテムでした。

 

もちろん、夜になると

珈琲がバーボンに

変わったりもしましたが。

 

 

パチンコも当時、大好きでした。

(なんちゅう学生や!)

 

ここもタバコでモウモウ。

 

 

 

それが今、

無くなる・・・

 

正直なところ、

なんだか、ちょっと変な感じです。

 

 

そう言えばパチンコのお客さんって

喫煙率が50%以上なのだそうです。

 

2018年の調べでは

全国の喫煙率は17.9%。

 

なので、

パチンコ店の喫煙率は

ものすごく高いというわけ。

 

一応、店内は禁煙で

喫煙室設置ということに

なるみたいです。

 

 

 

でも、パチンコって

打ちながらタバコ吸っていたわけで、

 

いちいち喫煙室へ行かないと吸えない、

という状態になったら、

愛煙家のお客様はそれを

どう受け止めるのか、

 

疑問です。

 

そこまでしてパチンコ行く?

 

 

 

もちろん法律で決まったわけだから

従わざるを得ないだろうけど。

 

 

ただ、非喫煙家でパチンコは好き

というお客さんが逆に増えるかも、

という予測もあるそうです。

 

 

 

そう言えば、

健康麻雀ってご存知ですか?

 

一言でいうと、

「飲まない、吸わない、賭けない」麻雀です。

 

お酒、タバコ、金銭と無関係で

純粋にゲームの楽しさを味わって欲しいと、

 

全国で老人ホームやデイサービスなど

普及活動が行われているそうです。

 

 

 

確かにゲームとしての面白さ、

そして認知症予防に

これは良さそうですよね。

 

 

 

 

こんなふうに

すべてがクリーンになってゆく、

もちろんそれは良いことでしょうが、

 

 

何ごともバランス、

 

 

江戸時代の遊郭や芝居町、

定住者から見ると

忌避し、しかし同時に

憧憬の対象でもあったという、悪場所。

 

参考文献:『悪場所の発想』広末保著

 

 

現代の悪場所だったジャズ喫茶、

居酒屋、パチンコ店、雀荘、

 

 

この悪場所の存在価値は

どこにあるのだろう、

もしかしたら、

失って、はじめて分かるのでしょうか。

 

 

 

 

今回のコロナの影響で

居酒屋さんもレストランも

大打撃の中、

 

今月からの灰皿撤去は

追い打ちだ、と

嘆く店主も多いようです。

Facebookでシェア
いいね
Please reload

Featured Posts

メタボから10年

November 22, 2017

1/2
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Facebook Social Icon

元気塾公式メルマガの

登録はコチラから★