”自分の主治医は自分”

SelfMediCBlog

良かったら一番下、♡いいねを​よろしくお願いします。

なぜ今、健康に特化したコーチが必要か


なぜ今の時代、

健康に特化した

コーチが必要なのか、

これはずっと私が

考えてきたことです。

今の病気の大半は

自分でなんとかなる、

医者や病院の

手助けが不可欠な状態は

限られている、

その見極めと、

自分でなんとかできる状態に対しては

医者ではなく

コーチが必要だ、

ということなのです。

コーチとは何でしょうか?

日本にコーチングが入ってきたのは

1997年あたりからです。

企業の中で人材育成に

コーチングの考え方が導入されたのが

始まりです。

コンサルタントや

ティーチングを

やってきて

成果が上がらない時代

知識を教えるのではなく

部下の中にあるものを引き出し、

自分を超える部下をつくらないと

企業は伸びない、

ということが

少しずつ理解され始めたからです。

それくらい

時代の変化はものすごく

過去の知識が、

明日は全く

役立たなかったりします。

その時、

いわゆる指示待ち族

ではなくて、

自分の頭で考え、

主体的に動ける人間を

育成することの大切さが

認識されるようになりました。

これは、何も

企業の中だけの

話ではありません。

家庭の中でも

地域の共同体の中でも

そして一個人としても

すべて

一人ひとりが

主体的になる必要のある時代なのだ

ということです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブログ移転のため続きはコチラから

関連記事

すべて表示
Featured Posts
Archive
Follow Me
  • Facebook Social Icon

元気塾公式メルマガの

登録はコチラから★

​元気塾HPはコチラから💛

関連記事