”自分の主治医は自分”

SelfMediCBlog

最新情報をメールでお届けします

メールアドレスを入力してください:

良かったら一番下、♡いいねを​よろしくお願いします。

花粉症は免疫バランスの崩れから


花粉症の季節ですね。

それでなくても、東京にきて

電車に乗る機会が増えると

マスクしている人多いなぁと感じるのに

今回、ますます

増えた気がします。

そもそも花粉症って、

いつ頃から言い始めたのか、

というと

1963年だそうで、

東京オリンピックの前年。

その後、増え続け

1975年には社会問題となるほど

また、新たな国民病ともいわれるほど

出世(?)してゆくわけです。

今や、

10人中4人が花粉症という時代です。

花粉症をおこさないスギの研究

などというニュースが

以前あったような気がしますが、

問題はスギではなく

免疫なのですよね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブログ移転のため続きはコチラ

大昔からスギはあるわけで。

結核など感染症が減って

アレルギーが増えたことに

関係性があるのでは、

という

それまでは推測だったものが、

じつは

近年、この考え方は裏付けられています。

つまり、

人間の免疫反応を担うT細胞には2種類あり、

そのうちTh1と呼ばれるタイプは

結核など感染症の時に増加します。

それに対してTh2と称するタイプは

アレルギー疾患に際して増加します。

ひと昔前は結核が日本人の国民病であり、

現代はそれに代わってスギ花粉症など

アレルギー疾患が増えた事実は、

これら

Th1/Th2バランス理論によって

説明できるわけです。

今や免疫は

高い低いではなく

バランスがキーワードになっています。

さて、

この花粉症、

生活への影響も大きいものです。

・精神集中不良 75.3%

・勉強・仕事・家事の支障 73.2%

・気分が晴れない 72.8%

・思考力の低下 68.2%

・いらいら感 66.8%

となっています。

となると当然、仕事への影響も。

海外の調査になりますが、

労働者ひとりあたりの

年間平均生産損失額は