”自分の主治医は自分”

SelfMediCBlog

良かったら一番下、♡いいねを​よろしくお願いします。

お祈り担当の蟻

January 3, 2018

昨日の新聞から。


和歌山県内の病院で働く看護職員のうち、
慢性的に疲労を感じている人は76%、
健康に不安を感じている人が69%、
仕事に不満や悩み、
ストレスを感じている人が66%――。
和歌山県医療労働組合連合会(県医労連)の調べ。

理由は
「人手不足で仕事がきつい」と
「思うように休暇が取れない」
<朝日新聞apitalより>


昔から看護師の仕事は
きつい、
というイメージがありますが、
こんなに大きな数字とは・・・・
7割以上が慢性疲労なんですね。



アメリカでは2000年ごろから
病気による欠勤=アブテンティイズムに
対してプレゼンティイズム
という概念が
提唱されるようになっています。


プレゼンティイズムとは
まだ病気ではなく
出勤はしているが、
慢性疲労などから
業務能力が低下している状態、

を言うそうです。


漢方で言う所の、
いわゆる未病ということですね。


このプレゼンティイズムによる
労働生産性低下に伴う
潜在的損失を推定する方法まで
開発されているそうです。



でも確かに
元気に満ち溢れて、
やる気満々の職場と
疲れきってストレスフルな職場では
生産性に差があるのは
素人が考えてもわかります。



働き蟻の法則というのを
ご存じでしょうか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ログ移転のため続きはコチラ



 

Facebookでシェア
いいね
Please reload

Featured Posts


WHOがトランス脂肪酸撲滅に乗り出しています。

「REPLACE」と名付けられた独自ガイドを作りました。

REview  

トランス脂肪酸の供給源とその状態をレビューする

Promote 

トランス脂肪酸から健康的な油脂への切り替え

Legislate 

トランス脂肪酸の排除のための法制化

Assess  

食糧供...

食べるプラスチック

September 19, 2018

1/3
Please reload

Archive