”自分の主治医は自分”

SelfMediCBlog

最新情報をメールでお届けします

メールアドレスを入力してください:

良かったら一番下、♡いいねを​よろしくお願いします。

お祈り担当の蟻

昨日の新聞から。 和歌山県内の病院で働く看護職員のうち、 慢性的に疲労を感じている人は76%、 健康に不安を感じている人が69%、 仕事に不満や悩み、 ストレスを感じている人が66%――。 和歌山県医療労働組合連合会(県医労連)の調べ。 理由は 「人手不足で仕事がきつい」と 「思うように休暇が取れない」 <朝日新聞apitalより> 昔から看護師の仕事は きつい、 というイメージがありますが、 こんなに大きな数字とは・・・・ 7割以上が慢性疲労なんですね。 アメリカでは2000年ごろから 病気による欠勤=アブテンティイズムに 対してプレゼンティイズム という概念が 提唱されるようになっています。 プレゼンティイズムとは まだ病気ではなく 出勤はしているが、 慢性疲労などから 業務能力が低下している状態、 を言うそうです。 漢方で言う所の、 いわゆる未病ということですね。 このプレゼンティイズムによる 労働生産性低下に伴う 潜在的損失を推定する方法まで 開発されているそうです。 でも確かに 元気に満ち溢れて、 やる気満々の職場と 疲れきってストレスフルな職場では 生産性に差があるのは 素人が考えてもわかります。 働き蟻の法則というのを ご存じでしょうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ログ移転のため続きはコチラ

関連記事

すべて表示

水曜日発行のブログです。 前回は「痛み」を1/3にする方法は? というところで 終わってました。 覚えてますか? 忘れちゃった人、先週のブログ読み返してね(^_-)-☆ 今感じている痛みは 過去の記憶(わー、あの時、むちゃ痛かったよな) 今の本来の痛み(痛い!!)...

Featured Posts
Archive
Follow Me
  • Facebook Social Icon

元気塾公式メルマガの

登録はコチラから★

​元気塾HPはコチラから💛

関連記事