”自分の主治医は自分”

SelfMediCBlog

良かったら一番下、♡いいねを​よろしくお願いします。

脳疲労が病気の原因!?

オプティマルストレスという言葉、 ご存じですか? ストレスとはご存じのとおり 1907年、ハンガリー系カナダ人の生理学者 ハンス・セリエさんが言いだした概念です。 「周囲で起きた刺激(ストレッサー)に対して、 心身が対応しようとして発するエネルギー」 エネルギーなのですね~ 今ではストレスっていうと なんだか悪者扱いですが もともとの意味はそうじゃなかったのですね。 「ストレスとは人生のスパイスである」とも ハンス・セリエは言っています。 しかしこのストレスが高じると 様々な病気を引き起こすことになります。 私たちが よく知っているのは 10円ハゲという円形脱毛症、 胃潰瘍、十二指腸潰瘍など。 しかし今では 狭心症、心筋梗塞、気管支喘息 慢性関節リュウマチ、 潰瘍性大腸炎、糖尿病、 アトピー性皮膚炎、腰痛症、 夜尿症、メニエール などまで ストレスが原因である、と言われています。 (日本心身医学会の調べ1991年)

九州大学名誉教授の藤野武彦氏が Boocsという本の中で 「脳疲労」という言葉を使っています。

この脳疲労が 生活習慣病をはじめ うつ病や、認知症など 全ての病気の原因ではないか という仮説を立てておられます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブログ移転のため続きはコチラ

Featured Posts
Archive
Follow Me
  • Facebook Social Icon

元気塾公式メルマガの

登録はコチラから★

​元気塾HPはコチラから💛

関連記事