”自分の主治医は自分”

SelfMediCBlog

最新情報をメールでお届けします

メールアドレスを入力してください:

良かったら一番下、♡いいねを​よろしくお願いします。

すきとおった風のような

命を救うことが医者の仕事だから

死は、医学にとって敗北なのか・・・

もしくは、医学から見て「死」は枠がいなのか。

ふっと最近、

「死」をどう考えるか

を抜きにして

真の健康は語れないなぁと

思い始めました。

だいぶ前に

「おくりびと」という映画が

話題になりましたが、

この原作となった

『納棺夫日記』の中に

「末期患者には

激励は酷で

善意は哀しい、

説法も言葉もいらないのだ。

きれいな青空のような

瞳をした

すきとおった風のような人が

そばにいるだけでいい」

という所があります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブログ移転のため続きはコチラ

関連記事

すべて表示

昨日の新聞から。 和歌山県内の病院で働く看護職員のうち、 慢性的に疲労を感じている人は76%、 健康に不安を感じている人が69%、 仕事に不満や悩み、 ストレスを感じている人が66%――。 和歌山県医療労働組合連合会(県医労連)の調べ。 理由は ...

Featured Posts
Archive
Follow Me
  • Facebook Social Icon

元気塾公式メルマガの

登録はコチラから★

​元気塾HPはコチラから💛

関連記事