”自分の主治医は自分”

SelfMediCBlog

良かったら一番下、♡いいねを​よろしくお願いします。

耐性菌その3

前回のまたまた続きです。

けっこう、しつこい?(笑)

実は、この耐性菌の問題、

ドクターの指示を守る守らないというような

小さな問題ではなかったのです!

『食べ物から広がる耐性菌』日本子孫基金・編 発行所:三五館のP32より抜粋

なんと日本中で使用されている抗生剤は

病院や外来で使う500tよりも、

家畜900t、養殖魚200t、野菜・果物・稲に100t

つまり、人が病気になって使う量より

2倍以上も畜産業、農業で使う方が多い!

ということなのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブログ移転のため続きはコチラ

しかも人の場合は

一応、病気になってから、なのに

畜産業、農業は病気になると困るから、

病気になる前に恒常的に使用するのだそうです。

多剤耐性菌の発症は

もはや院内ではなく、食品つまりお家・街中に問題があるわけですね。

でも実はそんなこと、とっくに知ってたはずなんですよね。

2009年の朝日新聞です。

なぜか「多剤耐性菌」のことは、

ほとんどの病院では口にされない言葉みたいです。

子供が熱を出して病院へいっても

最近、全然クスリが効かないなぁ~という経験ありませんか?

具体的な体験談、是非聞きたいです。

元気塾へ遊びに来てください。

関連記事

すべて表示

スーパーなんちゃら~その後

AMR(薬剤耐性)が、やっと問題になっています。 WHOでは、 2014年よりAMRの問題を大きく取り上げ 薬剤耐性は、 世界規模の公衆衛生にとって 深刻化する脅威となっており、 全ての政府機関や社会が 行動を起こす必要がある、 と述べています。 世界規模の脅...

Featured Posts
Archive
Follow Me
  • Facebook Social Icon

元気塾公式メルマガの

登録はコチラから★

​元気塾HPはコチラから💛

関連記事