”自分の主治医は自分”

SelfMediCBlog

良かったら一番下、♡いいねを​よろしくお願いします。

半健康で良いではないか?

『「健康」という病』米山公啓著 

という本、面白い。

たしかに昨今の健康ブームって

少し異常かも・・・

テレビみると

健康番組の多さに驚きます。

 

今日の健康に始まり

・主治医がみつかる診療所

・たけしの健康エンターテイメント

・ためしてガッテン

・健康カプセル!元気の時間

・駆け込みドクター!

・運命を変える健康診断

などなど~~。

 

雑誌もこれでもか、ってくらい。

・壮快

・安心

・ゆほびか

・わかさ

・からだの本

・日経ヘルス

まだまだあって、もう数えきれん!

と言いながら私たちも

セルフメディコ元気塾なるものを

もう2年近くやっているのですが(笑)

 

この本の中で

米山氏は面白いことを言ってます。

健康は

昔も今も全ての人々の永遠の欲望だからこそ

そこへ付け入るメディアや医療産業があり

それによって振り回される構図に気づくべきでは、と。

 

WHOでは270種類で十分だとされる薬が

日本では何と11000種類あるんだそうです。

人間ドッグ、健康診断、がん検診で

長生きの効果データは一切ない、

んだそうです。

では何故、健康診断うけるのか?

 

「受ける方は受診したという自己満足、

医者にとってみれば新しい患者が増えるメリット

なんだそうです!!

 

この方、一応神経内科のお医者さん(@_@。

 

クスリ飲みます?

検診、受けます?

あなたにとっての「健康」って一体何?

聞きたい、聞きたい!

ここをクリック

 

Facebookでシェア
いいね
Please reload

Featured Posts

メタボから10年

November 22, 2017

1/2
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me