”自分の主治医は自分Ⓡ”
​ココロとカラダの元気を守る

SelfMediCoⓇ Blog

February 14, 2020

眼球を取り出して洗いたい、

これ、

花粉症の友人の言葉です。

今や5人に1人という花粉症。

まさに国民病と言われて久しいですね。


 

あなたは大丈夫ですか?

今年は暖冬だったからか

スギ花粉の時期が早まるようです。

春になるのが憂鬱、

という声も聞こえてきそうです。



 

この花粉症、

たかが花粉症と言っても

本人はとっても辛いわけで
 

特に仕事のパフォーマンスは

腰痛などと並んで

かなり低下します。


 

花粉症の重症者は

ある製薬メーカーによると

全体の半数いると言います。

実際に、花粉症の92%の人が

仕事に影響を与えると感じていて、

仕事効率は最大60%下がる、とも...

December 9, 2019

寒くなってきました!!

まだ電気ストーブのみですが、

さすがに朝方は

石油ストーブ投入?と迷った福谷です。

さて、今年の3月

厚労省は

患者副作用報告を受付開始しました。

患者副作用報告って??

つまり、薬を使っている患者自身が

副作用を経験した時

直接、それを報告できる仕組み、ですね。

それって

今まで無かったんですか?

と改めて驚きました。

調べてみると

2012年3月から

試験的にPMDAでは行われていました。

PMDAとは独立行政法人

医薬品医療機器総合機構のことです。

医薬品と医療機器についての

安全性情報を出したり

不具合機器の回収情報などを出しています。

という...

October 28, 2019

これが有名なヒルドイドですね〜〜〜

って何がというと、

原因不明の爪の変形で、

私としては珍しく

最近、病院通いをしています。

そこは有名な統合医療の医院。

先生がむちゃくちゃ

優しくて

癒やされます。

薬はまず使わないタイプの先生ですが

これ使ってみて、と

出されたのが、

かの有名な保湿剤、ヒルドイドでした。

もちろん名前は違っていて

ジェネリックだとのこと。

なぜ、これが有名かって?

数年前からこの薬の処方量が

異常に多い、

と問題になったものでした。

4本5本の処方なら

理解できないこともないですが

なんと、

50本という単位で

一度に処方しているケースもあったと言います...

April 10, 2019

先日は坂出市の、かきのは元気塾。

「ワクチン、義務じゃないって知ってた?」

というテーマ。

医療との付き合い方、の部分です。

毎年、

インフルエンザのワクチンを打つけど

毎年、注射のあと、

腕が肘のあたりまで赤く硬く腫れる

という人がいたり、

先祖にワクチンで亡くなった人がいて

そのため、

その家はずっと全員

ワクチンは打たないという人がいたり、

ずっと打たなかったけれど

2年ほど前に

父がインフルにかかって

その後

肺炎で亡くなったということがあり、

その時、自分もインフルにかかり

とっても辛い思いをして

それ以来、

ワクチンは打つことにした、

という人も。

実際の体験や

思い...

January 1, 2019

Yomiドクターのページを見ていたら、

右脇にある画像に

目が行ってしまいました。

 

「健康は自分で守る」と赤字

参議院議員の武見敬三氏と

隣り合って映っているのは

藤井隆太氏、

龍角散の社長さん。

 

セルフメディケーションの活用とあり

その下に

「ゴホン!といえば、龍角散」

  

これ、もちろん広告です。

 

うーん、

セルフメディケーションは

どんどん、薬の広告に使われだしている

ということですね。

 

「ゴホン!といえば、龍角散」

このキャッチコピーも古いです。

子供の頃から見てきた気がします。

 

・良かったね、早めのパブロン

・くしゃみ3回ルル3錠

・バッファリンの半分は...

December 16, 2018


医薬品の虚偽・誇大広告に

課徴金を支払わせる

という制度が導入されます。

今月22日の有識者会議で承認され

来年度の通常国会で提出予定。

これまでは誇大広告に対して

最高200万円の

刑事告訴による罰金のみ

だったのに対し

その売上などによって、

行政処分として課徴金を課する制度

を導入することになりました。

医薬医療品の売上高の規模を考えると

当然だろうと思います。

この議論のきっかけは

ご存じの、ディオバン事件、

大手製薬メーカーノバルティスの

高圧治療薬ディオバンですね。

2013年にその臨床研究に

ノバルティスの社員が

関与していたことが発覚、

その後データ操作が...

November 29, 2018

またワクチン疑惑?

2018年8月からBCGワクチンが

出荷停止されていました。

ワクチンを溶かす生理食塩水から

定められた基準を超えるヒ素が

検出されたからです。

しかも、それを隠していて

日本経済新聞に出たのは

なんと11月3日の段階でした。

厚労省は

「安全性に問題はなく、ほかに

代替品がないことから

回収はせず、すぐには公表しなかった」

と言っています。

BCGって、私たちも

小学生くらいのときに

ツベルクリン反応をやって

陰性の人は

このBCGを打ったような記憶が・・・・

結核予防でしたね。

今は乳児に接種されているのですね。

ある小児科の医師が

ブログで書いていま...

August 1, 2018

中国で欠陥ワクチンの接種

という事件が起きましたね、

21万人の子供に、というから

規模が大きすぎです。

ワクチンデータの捏造があったとのこと

会社ぐるみの大事件ですね。

でも、なにも

中国だけの問題ではありません。

日本でも、

すごい数の誤接種事件が

実はあります。

以前にも一度

このメルマガで

書きました。

乳幼児へのワクチンの誤接種は

毎年増加。

2014年5685件

2015年には、なんと6168件もの

誤接種があったというのです!

ちょっと信じられない数じゃ

ありませんか?

中には、6年8ヶ月も前に

使用期限が切れていたものを

使用していたり、

ワクチンの種類を間違えて...

February 1, 2018

ある日のメルマガから。


『医者に殺されない47の心得』が
2012年に発売になり
110万部を超えるミリオンセラーとなりました。
 
けっこう、
読まれた方は衝撃だったのではないでしょうか?
 
 
その著者、近藤誠さんが
2015年、次に書いたのが
 
『クスリに殺されない47の心得』
 
はじめに、の部分がおもしろい、
 
======================
無農薬とか食品添加物は気にするのに
薬が「添加物のかたまり」だと気づいてない?
 
じつは、クスリの9割に病気を治す力はなく、
症状をうやむやにするだけです。
体...

December 20, 2017

AMR(薬剤耐性)が、やっと問題になっています。

WHOでは、
2014年よりAMRの問題を大きく取り上げ


薬剤耐性は、
世界規模の公衆衛生にとって
深刻化する脅威となっており、


全ての政府機関や社会が
行動を起こす必要がある、


と述べています。



世界規模の脅威!!

つまり、

もう隠しておけるような

状況ではなくなったということです。

2013年、

約48万人の多剤耐性結核菌患者が発生、

しかもこれが、

なんと100カ国で確認されているそうです。

またメコン川流域では

熱帯熱マラリアの治療薬である

アルテミシニンの耐性が検出

耐性淋病に対する

最終手...

Please reload

Featured Posts
  • Facebook Social Icon

メタボから10年

November 22, 2017

1/2
Please reload

Archive